占いで占ってはいけないとされるもの

占いでは「占ってはいけない物事」があります。今回はその中でも必ず占い師に断られる内容についてご紹介していきたいと思います。

人の生死

占いで寿命のように生死に関することを聞くのはタブーとされています。これは自分のことであっても人のことであっても同じです。
人の生死はその人の運命を大きく変える内容になりますし、人が知るべきことではないとされています。
万が一占ってもらったとしても結果を知ったからと言って何もできませんし、逆に悪い展開になってしまうことが強く考えられるのでタブーとなっているのです。

不倫や浮気

意外かもしれませんが不倫や浮気についての占いもタブーとなっています。ただしこれは「夫が浮気している人を知りたい」というように他人が主体になっている場合です。
占いは自分が主体になるべきものとなっています。そのため誰と誰が浮気している、というように他人同士が主体となった占いはタブーなのです。
自分が浮気をしている、好きになった相手が既婚者だったなど自分が主体の不倫浮気相談については問題ありません。