電話占いの依存を断ち切るには

占い師の言うことばかり気にしてしまい、自分で物事の判断が付かなくなってしまっている人は占い依存症の可能性が高いです。
本当は占い依存症から抜け出したいと思っていても、すぐ不安になって結局占いに頼ってしまう・・・占ってもらって占い師に何か言ってもらえればとりあえず落ち着くんですね。
結局占い師から話を聞いてもそこから自分でどうにかしようとせずに終わってしまうから、不安からも抜け出せずに何度も占いを繰り返してしまいます。

こうした占い依存症から抜け出すのは簡単なことではありません。特に一人で抜け出そうとするのはかなりの努力が必要です。
まずはいきなり辞めるのではなく、占いをする回数を少しずつ減らしていく努力をしましょう。占いに頼ってしまうのには「不安」を一時的にも解消したいという気持ちがあるため、その不安を忘れられるような、熱中できることを見つけてみるのがおすすめです。

先ほど少し触れたように、一人だけの力で依存症を乗り越えるというのは大変です。自分の依存症を認め、必要ならば専門のカウンセラーに相談する勇気も必要になってきます。